ヨガインストラクターのお仕事まとめについた説明です。
主な業務内容に生徒に、ヨガのポーズや呼吸法を指導する事があります。
実演しながら生徒に指導をするのがこの業務の特徴です。
人数が教室により異なるので、ばあいによりますがある程度の人数を指導する事があります。
アドバイスをしたり生徒の質問の答えるのは重要な内容です。
カリキュラムを作成してそのクラスや個人に適した内容を教えるのが、この職業の主な内容になります。

ヨガインストラクターのお仕事まとめ

ヨガインストラクターのお仕事まとめ ヨガインストラクターの仕事は真剣にヨガ独自の呼吸法やポーズを、受け持つ生徒に指導をする事が主な内容です。
ヨガインストラクターは生徒の質問に答えたり、適切なアドバイスをするのが重要になります。
必要に応じてヨガの哲学を伝えたり、生活習慣を伝えるようにするのが仕事の一つです。
ヨガインストラクターは、生徒の前でポーズを実演しながら指導をするのが大事な仕事になります。
生徒が正確なポーズや呼吸が出来るように、チェックをしながら真剣にアドバイスを行うのが大事です。
ヨガインストラクターは、SNSで生徒の募集をしたり必要な情報を発信します。
必要に応じて問い合わせに対応したり、体験教室を開く場合があるのがこの職種の特徴です。

ヨガインストラクターの仕事と活躍できる場所

ヨガインストラクターの仕事と活躍できる場所 ヨガインストラクターの主な仕事は、生徒にヨガを指導することです。
毎回のヨガのレッスン前には、そのレッスンにどのような人が来るのか、何を目的として来るのかを意識して、難易度設定やポーズの流れを決めるなどして指導メニューを考えます。
また、ヨガはレッスンの初めに、それまでの日常の騒がしい世界からヨガの世界に入り込み呼吸を切り替えるための時間を5分ほどとります。
この5分間は、ヨガインストラクターが生徒に対し語り掛ける形で、徐々に生徒の心を落ち着けていくわけですが、この話の内容や流れも毎回考える必要があります。
さらに、実際のレッスンでは生徒ひとりひとりの技量を見極め、臨機応変にサポートしたり難易度を変えていかねばなりません。
ヨガインストラクターの活躍の場は、ヨガの専門教室・カルチャースクール・ジムのスタジオレッスンなどが一般的で、勤務形態は主に正社員か時間講師が多いです。
正社員だと大抵、年収350万程度の報酬が平均といわれています。
ヨガは運動不足解消からストレス解消までの効果があり、幅広い年代層から支持を得る人気スポーツです。
だから今後ヨガインストラクターの需要はますます伸び、さまざまな場所で重宝されるでしょう。

ヨガアライアンス情報リンク

ヨガアライアンス 福岡